白く透き通る肌を作るための日本製美容品「セシュレル」を実践レビュー

 

多くの女性が憧れる美白肌。

 

美白肌を実現するための美容品はまさに数え切れないほど存在します。

 

今回はそんな美白美容品の「セシュレル」を実践レビューしていきます。

 

現在のような「美容化粧品」というものが開発・販売されるよりも昔から、日本人女性は白い肌というのもに対してこだわりがありました。

 

例えば白粉(おしろい)など、物理的に肌を白くしたりもしていました。

 

そんな日本人女性憧れの美白肌を作るための美容品、「セシュレル」を実践レビューします。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

なぜ美白に憧れるのか?

そもそも日本人女性は美白肌、というものに憧れるのでしょうか?

 

古来から、実際の意識の違いはあれど「肌は白が良い」という概念が日本人女性にはありました。

 

おしろいなどがそうですし、女性を模した「能面」も白色の場合が多いでしょう。

 

 

実際、これは昔から言われている事であり、「色の白いは七難隠す」ということわざがあります。

 

このことわざの意味は、「多少顔に欠点があっても肌の色が白ければ補って美しく見える」というもので、つまりは美白こそ美しく見せる手段であるということでもあります。

 

 

憧れには理由があるものです。

 

まず根幹にあるのは「西洋人種に対する憧れ・コンプレックス」であるとされています。

 

また、アジア圏に多く見られる美白意識も、努力次第で美白肌に近づけることが可能であるという可能性があるからこそ、根強く続いていると言えます。

 

 

そしてアジア圏でも日本は白色という色自体に「無垢・純粋・明るい・光・上品・清潔・神聖」といった、プラスの感情を抱く文化があるため、より美白肌に憧れを持ちやすいのだと言います。

 

 

他にも「健康面」も理由の1つとして含まれているでしょう。

 

一時期、ガングロギャルなどの日焼けした小麦色の肌がブームとなった事もありました。

 

その影響か、今でもチャラい男女の印象としては染めた髪に日サロで焼いた肌というイメージを抱く方も多いでしょう。

 

 

この小麦色の肌、要は紫外線に反応して肌が日焼け、つまりやけどしている状態であると言えます。

 

確実に発症するわけではなく、あくまで可能性の段階として考えても、日焼けは皮膚がんの原因でもあります。

 

 

一切日の光を浴びないというのも不健康ではありますが、だからといって日焼けになるまで陽の光を浴びたり、日サロで焼いたりするのは肌にとっては不健康だと言えます。

 

また日焼けはシミ・ほくろの原因にもなるため、余計に美白の邪魔になりうるものだと考えてしまうのでしょう。

 

 

そして一定年齢、20代以降の肌が成長では無く劣化を始める年齢の女性にとっては、美白肌は「若さの象徴」として考えられているのでしょう。

 

美白ということは、すなわち肌の保湿状態が良いということであり、保湿状態が良い肌はすなわち若々しい肌であると言えます。

 

だからこそ、肌の衰えを阻止しようとすると必然的に美白につながる。というわけなのです。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

西洋人は小麦色の肌に憧れている?

日本人は白い肌にあこがれている、という事実の反対に「肌の白い外国人は小麦色の肌にあこがれている」という噂があります。

 

これは日本と西洋との「環境の違い」が理由です。

 

例えば、日本は特別曇りが多い国である。というわけではありません。

 

ご存知の通り、日本は四季折々、春は暖かく雪解けと開花を迎え、夏は刺すような暑い日差しと快晴、あるいは台風。

 

秋は涼しくなり、雨や曇りが増え、そして冬を迎え寒空の下暖房で暖まる。

 

曇りや雨が多い時期はあれど、それはあくまで四季の一部であり、カラッと晴れた快晴の日も多いのです。

 

それに対し、特にイギリスなどは曇りの日が多く、太陽の光を浴びにくい環境なのです。

 

ゆえに陽の光をいっぱい浴びる事が健康的であるという考えがあります。

 

また、西洋のセレブはリゾート地でバカンスをしたり、わりかし外でアクティブに動く事が多く、セレブの中には日焼けしている方も多いのです。

 

だからこそ、「日焼け=セレブの証」といった考えも存在しており、そこから派生して日焼けをしていないということは、「生活に余裕がない」と考えられる事もあるんだとか。

 

そのため小麦色の肌に憧れる方も多い、というよりも元から肌が白いため、日本人程美白に熱心になりにくいのでしょう。

 

ただ、元々色素が薄い関係上、日焼けするとメラニン色素が急激に増えてシミやほくろになってしまうため、美白にこだわる外国人の方はある意味日本人以上にこだわります。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

美白肌を作るには

まず最初に、美白肌を作るための知識をつけましょう。

 

人間の身体とは不思議なもので、思い込めばビタミン剤が病の特効薬にもなりうるという、「プラシーボ効果」というものが認められています。

 

そして人間疑うのは「知らないから」だと私は考えます。

 

例えば、これこれこういう仕組み・成分がこうなって効きます!と言われて、知らなくとも「へーそうなんだ」と納得する人も居れば、その仕組や理屈を知らないために「本当に?」と疑う人も居るでしょう。

 

流石にアレルギーなどの体質的な相性で効果が無かったり逆効果だったりするのはどうしようもありませんが、基本的に何にしろ疑ったりマイナスに考えるよりも、信じたりプラスに考えるほうが気分的にもプラシーボ効果的にも良いのです。

 

だからこそ、どういった理屈で美白につながるのか、どういった成分がどう作用して美肌につながるのかを知っておくことで、美白肌美容品の効果を引き出せる…かもしれません。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

基本的に肌は白いもの

肌の色というものは環境・遺伝によって生まれつき決まっています。

 

基本的にその場の環境によって肌の機能として肌色が変わります。

 

大雑把に欧州などの日差しがあまり強くない地域の人は生まれつき肌が白く、逆にアフリカなどの日差しが強い地域の人は生まれつき肌が黒いというように、その場の環境に合わせて最適な肌の色になります

 

日本人の場合は暑い日もあれば曇りの日もある四季折々の国のため、黒くもなければ白くもありません。

 

遺伝するため、親類に肌が黒い人が居れば、生まれつき肌が黒め、ということも珍しくはありません。

 

しかし、基本的には生まれた時や成長中が最も肌が自然に白い時期であると言えます。

 

生まれつき以外で肌が黒くなるのは、日焼けによって物理的に「黒く」なる場合と、肌が不健康で「暗く」なる場合の2つです。

 

前者は日焼け、つまり紫外線に反応して肌を守るためメラニン色素が生成され、それが肌を黒くするというもの。

 

紫外線は物質を貫通し、遺伝子に悪影響を及ぼします。

 

それを防ぐためにメラニン色素が紫外線を遮る防護壁の役割を担うのです

 

つまり肌、身体を防衛するための正しい反応であり、メラニン色素を働かせないようにする美容品や薬はむしろ、身体を破壊する紫外線を受け入れるという事になります。

 

そのため、メラニン色素を働かせないようにするのではなく、紫外線を弾くことでメラニン色素が働かなくてもすむようにするという対策方法。

 

つまりUVカットと呼ばれる対処法が取られます。

 

もう1つは、加齢や不健康な生活によって肌の潤いがなくなり血行が悪くなったりといった理由で肌の健康状態…つまり保湿が不十分な乾燥肌の状態で暗く見えるという状態です。

 

そもそも何故肌が白く見えるのか?

 

生まれつき肌が白いか黒いのかというのは肌のメラニン色素の有無によって決まります。

 

メラニン色素が薄いのであれば肌は白く、逆に濃いと黒くなります。

 

このメラニン色素が無くなれば肌が白い……というわけでもなく、肌を白く保つために真に重要なのは「肌の水分」です。

 

肌が白く見えるのは、肌の水分が光を反射することによって、白く見えるのです。

 

対して乾燥肌や、生活習慣の乱れによって新陳代謝が低下、血行が悪化することで肌のターンオーバーが乱れるといった要因で肌の水分が無くなる事によって、水分による光の反射がなくなり、「暗く」見えてしまうのです。

 

メラニン色素による肌が黒くなる現象も、肌の水分さえ保っていることができるのであれば、美白肌と言えずとも若々しい肌であると言えます。

 

逆にいくら白い肌でも、肌の水分がカラッカラになっているのであればカサカサで暗い、年老いた肌であると言われてしまうでしょう。

 

美白肌のためにも、肌の保湿が美白美容の最重要項目であると考えましょう。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

具体的な美白肌を作る方法

今回ご紹介する美容品「セシュレル」を使うという方法もありますが、何も美白肌を作る方法は1つではありません。

 

何事も色々な事を取り入れることで成功率や効果を増やすことができます。

 

例えば「規則正しく栄養バランスが整えられた食事を摂る」というのは、美容に限らず健康的にも、むしろ人体における問題のほぼ全てを改善する究極の答えとも言えるでしょう。

 

勿論そんな事誰でもできるのであれば苦労はしませんが。

 

完璧な食事や、正しい食事は無理でも、最低限偏った栄養バランスにならないように気を使いましょう

 

タンパク質、ミネラル、ビタミン、乳酸菌などなど。

 

人体には様々な成分を必要としています。

 

食事とは即ち栄養摂取であるとは言いますが、実のところその栄養摂取すらまともにできていないのです。

 

 

次にターンオーバーの改善。

 

ターンオーバーとは、即ち新陳代謝の事であり、ターンオーバーの乱れというのは新陳代謝が正常に行われていないということでもあります。

 

新陳代謝は身体を正常な状態に保つために、身体を更新するということ

 

それが正しく行われないというのは、肌の潤いを保つための成分や必要な肌の角質などがきちんと揃っていないということに繋がります。

 

多くの女性の肌トラブルはこのターンオーバーが乱れることによって起きているとも言われています。

 

そしてターンオーバーに欠かせないものは「成長ホルモン」と呼ばれているもの。

 

この成長ホルモンは睡眠中、それも睡眠を始めて3時間後に分泌され始めます。

 

そのため、眠りが浅い人や、生活習慣が乱れてしっかりと眠れない人はこの成長ホルモンが足りず、ターンオーバーが乱れることにつながっている可能性がとても高いのです。

 

また、加齢によって眠りが浅くなったり、成長ホルモン自体の分泌量も減って必然的にターンオーバーが乱れやすくなるため、美容品でターンオーバーを調整する必要があるでしょう。

 

他にも血行・リンパの流れなどを改善することも美容美白につがなります。

 

女性は血行不良になったり,リンパの流れが滞ったりする事が多く、定期的にリンパ腺マッサージや血行改善のために色々な事をしてみると良いでしょう。

 

特に血行改善はお通じや冷え性といった、女性に多い悩みにも影響してきます。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

日本製美容品「セシュレル」の商品概要

それでは今回実践レビューするセシュレルについて解説していきましょう。

 

セシュレルはオールインワンクリームと称される、複数の化粧品・美容品の効果をまとめた商品です。

 

濃い客満足度92.7%、無添加、医療部外品、敏感肌用アレルギーテスト済み、医学誌掲載

 

といった事が公式サイトに書かれています。

 

オールインワンクリームとしての効果は「保湿・美白・エイジング」といったもの

 

化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧の下地といった用途に利用でき、一度の使用でこれだけの工程を簡略化できます。

 

また、セシュレルの特徴として「Wケア」というものがあります。

セシュレル独自のWケアと成分

Wケアとは、肌の内側と外側、両方からケアを行うことに寄って肌の状態を抑止、美白効果を高めるというもの。

 

豊富に含まれている有効成分によって実現していると言えます。

 

では、セシュレルに含まれている成分を見ていきましょう。

 

セシュレルにはかなりの数の成分が含まれています。

 

 

ざっと名前だけ挙げても「トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル、ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N−ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス−1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2−ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール」と、膨大な数の成分ですね。

 

流石にこれを1つずつ解説していては、記事の長さも膨大なものになってしまいます。

 

いくつかピックアップして紹介していきましょう。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

まずは2種類の有効成分から、セシュレルの有効成分は「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」という成分です。

 

トラネキサム酸はメラニン色素の抑制と、炎症の抑制という効果があります。

 

皮膚科でも使用されている成分で、紫外線による炎症・腫れ・色素沈着・シミなどに効果があります。

 

グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症作用や抗アレルギー作用がある成分です。

 

これにより化粧品や美容品を使う上での最大の障害である「肌荒れ」や「アレルギー反応」を抑えます。

 

また、医療においてはアトピーの治療にも使われているため、アトピーがある人でも安心して使えます

 

肌への刺激が少なく、エイジングケアによる美白効果も備えています。

 

このように、有効成分2種がどちらも皮膚の治療などに使われている成分であるというのがセシュレルの特徴です。

 

これにより、敏感肌やアレルギー体質の方でも使いやすい美容品として高い評価を集めているという事なのでしょう。

 

セシュレルを実践レビュー

セシュレルについて解説を終えたところで、実際に使ってみた感想や効果の程を体験談としてご紹介していきます。

 

今回は7日間モニターセットというものを利用します。

 

これは文字通り、一週間分のモニター用セットです。

 

通常価格3200円のところ、70%OFFの980円に割引されます。

 

美容品というのは効果がある・無い以前の問題で「体質に合う・合わない」という問題があります。

 

体質に合うかどうかと効果があるかどうかは必ずしも=では無く、例えば「効果はあるが肌が痒くなったりする」といったような自体も普通に起きます。

 

そのため、一週間分って量少ない…という方もいるかも知れませんが、逆に考えてみましょう。

 

もし体質に合わなかった場合、1ヶ月分の商品を一回使って肌荒れしてしまった場合、そのまま残りの分が無駄になってしまいます。

 

中にはそんな体質に合わなかった化粧品をオークションなどで売る、という処分の仕方をしている人も居ますが、衛生面でかなりの問題がある行為だとも言えます。

 

勿論問題なく使用できる場合は量が少ないというのはデメリットになり得るため、一長一短の範囲です。

 

 

さて、では利用していきましょう。

 

内容はクリームとサプリメント7日分、クリームは上記で解説したとおりの商品で、サプリメントは「保湿サプリメント」で、こちらは1日2錠〜4錠で14錠入りの1パック。

 

1日2〜4錠と書いてはいますが、内容量にそんな余裕はないため、毎日使うのであれば1日2錠になりますね。

 

クリームは白色、不快な香りはせず、薬品のようなつんとした匂いもありません。

 

テクスチャーはやわらかすぎない程度にしっかりしていて、肌に吸い付くような使い心地です。

 

伸びも良いため、全体にしっかりと塗ることができます。

 

べたべたせず、しっとりとした塗り心地で、洗い流してもべたついたりすることなくしっとりすべすべしています

 

 

なお、本格的に利用開始する前に一度肌に合うかどうかを試しています。

 

その方法とは、少しクリームを手の甲に塗って、洗い流したあと24時間経過して問題がなければOKというもの

 

肌で最も敏感な部分であり、最も人目につくであろう部分である顔に塗るよりも、一度手のひらに塗って確認した方が安全に自分にあうかどうかを確かめられるでしょう。

 

ただ、前述の通り顔は肌で最も敏感な部位と言うだけあり、手の平と顔では皮膚の厚さが違うため、手に塗って問題なかったからと言って、顔に塗っても問題が出ないわけではありません。

 

しかしこうやって確認しておくことで、肌を痛める可能性を減らすことができます。

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

さて、セシュレルのクリームの次はサプリメントです。

 

こういうサプリメントは消化吸収などの関係上食事後に服用した方がいいため、朝食後に利用する事にしました

 

特に変な匂いや味がするわけでもなく、錠剤タイプのためよほど錠剤が苦手で無理という人でもなければ問題は無いでしょう。

 

使用後の感覚としては、まぁ流石に使ったばっかりで肌がしとしとつやつやで真っ白になるわけが無いため、軽く手触りだけを確認したところの感想を述べると、少し肌がしっとりしているように感じました。

 

流石に1,2日程度ではなんの変化もありませんでしたが、3,4日目で少し変化が出てきました。

 

その変化とは、肌の質感です。

 

利用開始前の肌はなんというか、さぶいぼ・鳥肌といえば良いのでしょうか、そういったぶつぶつが結構目立っていました。

 

しかし利用していく内で、明らかにこれが目立たなくなっていきました!これだけでも十分効果があると私は断言できます。

 

それほどまでに嬉しい効果でした。

 

そして1週間の継続利用の結果。

 

流石に劇的な変化は無かったものの、確実に効果が感じられる変化がありました。

 

まずは肌の弾力、1週間程度とはいえ、利用前と比較して弾力あるもちもち肌になったと言えます。

 

ただ、あくまで利用前と比較してという程度のため、継続して利用することでより良いもちもち肌になることでしょう。

 

次に肌触り、ざらざら感がかなり減ってつるすべ肌に近づきました

 

わりと乾燥肌に近かったため、肌荒れが心配でしたが私は問題なく使い切ることができました。

 

 

最後に美白効果。

 

茶色から肌色に、という風な変化が実感できました!

 

まだまだ完全な美白とは行かないものの、確実に、そして着実に肌が白く明るくなっていることを実感できます。

 

それでは総評としてまとめましょう。

 

セシュレルは十分な効果がある。

 

モニターセットで肌に合うかどうかを試してから利用可能。

 

モニターセットは手頃な価格で、使い切りやすい一週間分。

 

ただ通常価格の1ヶ月セットは少々高め。

 

というような結果となりました。

 

価格は30日分で美白クリームが7100円、保湿サプリメントが5700円と結構音が張ります。

 

定期コースなら割引されますが、それでも結構な価格になるのは変わりありません。

 

単純に「高い」と感じるか、それとも「美白化粧品をこれ1つで済ませられる」と考えるかは人によるでしょう。

 

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

他の人のセシュレル体験談

実践レビューを終えたところで、次は他の人の体験談をご紹介します。

 

体質は人それぞれ、もっと効果が出たという人も居れば、逆にまったく効果を感じられなかったという人も居るでしょう。

 

そこで、できる限り自身の体質に近い人を見つけ出すのも美容品を購入する上で大切です

 

赤ら顔が明る顔に!

セシュレルで美白が成功したという口コミを見受けられるようになり、興味が出てきたので利用することにしました。

 

私個人のお肌状態を説明しておくと、肌は少しカサついていて、赤みの強い「赤ら顔」でした。

 

つまり、いつもお顔が真っ赤、という状態ですね。

 

美白にご執心というよりも、この赤ら顔をどうにかしたい、というのが悩みでした。

 

なにせ顔が赤いせいできちんとメイクしていないと酔っ払ってる?とよく聞かれてしまうのです。

 

お酒は苦手で殆ど飲まないものの、流石に初対面で酔っているのかな?と思われるのであれば、第一印象は悪いと思います。

 

そんなわけで赤ら顔を解消しようとセシュレルを利用しました。

 

基本的に美容品は大抵問題なく使えるのですが、時偶肌が痒くなったりするものが出てくるため、そういった美容品だと困るので、1週間セットを購入しました。

 

利用を開始してから1週間経過した結果は、赤みがかった肌がほんのり明るくなり、赤い色合いがマシになったように感じます

 

見た目の変化は大きな変化こそありませんでしたが、少なくとも肌荒れしたりすることはありませんでした。

 

また、実感する変化として「冷たい風で痒みが出たりしなくなった」という肌環境の改善を達成することができました。

 

おかげさまで、これからもセシュレルを使っていこうと思えます。

 

高級感がある分、手を出しにくい

ふんわりとしたローズの香り、塗る・飲むだけでお肌のケアが終わる手軽さ、そして効果。

 

セシュレルを利用した感想としましては、問題なく効果を実感できて嬉しい結果になりました。

 

が、ただ少々…いえ、大きな不満として「高すぎる」という点が常用を妨げてしまっています。

 

毎月使うものでありながら1万超え、他にもメイク道具などでお金が飛んでいく以上、美容ケア商品だけでこの出費は結構辛いものがあります。

 

効果がある分高いのは当然だとしても、やはり高すぎます。

 

価格以外の不満としては、サプリメントを飲まないと一気に保湿が失われること

 

そのためクリームだけ変えばいいや、というのもできず、クリームとサプリメントの両方を継続して利用しなければなりません。

 

 

【セシュレル】美白コスメの実力とは?7日間本当の口コミレビューで評価!

 

セシュレルの口コミ

体験談の次は口コミを見ていきましょう。

 

体験談と口コミの大きな違いは、ずばり「数」です。

 

例えば体験談であれば具体性を出すためにある程度文章を書かなければなりません。

 

しかし口コミであれば、極端な話「効果があった・なかった」といったつぶやきだけでも良いため、評価の敷居が低いという特徴があります。

 

その分信憑性にも欠けているものの、そこは同じような意見がどれだけあるか、という「数」で判断することが可能です。

 

公平を期すためにいい口コミと悪い口コミを見ていきましょう。

 

セシュレルの良い口コミ

まずはセシュレルの良い口コミから。

 

セシュレルの口コミで多く見られるのは「低刺激」という口コミでしょう。

 

「乾燥肌・敏感肌用」というだけあり、他の美容品と比較しても低刺激であるという口コミは多く、事実植物由来成分なども多く含まれています。

 

また、「いい香り」といった口コミも見受けられます。

 

セシュレルはバラの香りで、他のフレーバー付き化粧品よりもやや香りは薄いと言えます。

 

ただ、あくまでこれはケアするための美容品であるため、匂いが残らない程度のフレーバーはむしろ好評のようです。

 

他にも、「乾燥肌が改善された」という口コミもあります。

 

主にサプリメントの方に高い保湿効果があるため、乾燥肌の原因である肌の水分を補うことが出来ているのでしょう。

 

セシュレルの悪い口コミ

続いてセシュレルの悪い口コミを見ていきましょう。

 

セシュレルの悪い口コミの中で最も多い口コミと言えばやはり「高い」というもの。

 

美容品を複数使っている人にとっては、これ1つでまとめられるため安く思えるかも知れませんが、同じようなオールインワン系の美容品と比較してみても、やはり高い。

 

クリームが7100円、サプリメントが5700円の通常セット価格「12800円」というのは、相場の二倍近くあります。

 

美容品が2つセットなんだから当然と思う方もいますが、問題は「どちらか一方だけでは意味がない」という事。

 

例えば、セシュレルのセットにおいてクリームがメインです。

 

そのクリームを使わない、ということであればそもそもセシュレルを選ぶ意味が薄く、サプリメントを使わないという事であれば、美容に置いて最重要である保湿を行えないという事になります。

 

そのため、必然的に2つ購入しなくてはならず、毎月約1万3千円の出費が行われるということになるのです。

 

他にも「量が少ない」という口コミもちらちらと見受けられます。

 

クリームの方は40g、サプリメントは60錠というのか1ヶ月分の内容量です

 

ここで少ないと言われるのはサプリメント、1日2〜4錠と書かれているものの、中身が30日分しかないため、1日4錠利用するのであればもう1つ買わなくてはならず、保湿を担うサプリメントのため、人によっては2錠では効果が無く、4錠服用してようやく効果が出たという事もあります。

 

そのため、サプリメントだけで1万円以上払わなくてはならない、という不満も見受けられます。

 

まとめ

以上、美容品セシュレルを実践レビューしていきました。

 

効果がある良い化粧品、ただし高いというのが大まかな評価でしょう。

 

利用・購入の際は定期コースなど、割引を活用することをおすすめします。